• 花粉症で苦しむ女の子
CONTENTS

ザイザルはレボセチリジン塩酸塩という成分を含む抗ヒスタミン剤で、花粉症の症状緩和に使われる薬としては比較的新しいものです。
花粉症に効果のある薬は数種類ありますが、効き目が強くなるほど副作用として眠気がでやすくなりますが、ザイザルの場合は効果が強いものの眠気は抑えられていることが特徴です。
ザイザルは錠剤タイプとシロップタイプのものがあり、シロップタイプの場合は生後6か月から服用できます。
また、高齢者の方で錠剤の服用が困難な場合にシロップタイプを使うことができるため、幅広い方が利用できる薬です。

ザイザルの効果と作用について

ザイザル

ザイザルが有効なアレルギー症状が起きるメカニズムはどのようなものなのでしょうか。
まず、アレルギーの原因物質が体内に入ることで、体内ではヒスタミンが分泌されます。
このヒスタミンに体が反応してしまうとアレルギー症状が発症します。
主に起きる症状は、花粉症を含むアレルギー性鼻炎による鼻水や鼻づまり、蕁麻疹、湿疹や皮膚炎による皮膚の痒みなどです。
ザイザルはヒスタミンに作用してヒスタミンを抑制することで、これらのアレルギー症状を緩和することができます。

抗ヒスタミン剤は第1世代と第2世代に分類される薬があり、ザイザルは抗ヒスタミンの中で第2世代に分類されています。
第1世代の薬の場合、眠気や口の渇きなどの副作用が出やすいものの、効果が強いため辛い症状が出てしまった場合は第1世代による治療が良いでしょう。
一方、第2世代の場合は副作用が少ないため、効果の高さよりも眠気などの副作用の少なさを優先したい場合に選ばれることの多いものです。
第2世代は効き目が弱いと言っても、ザイザルの効果は第2世代の中では比較的高いものですし、花粉症の症状が現れる前から服用することで花粉症を予防し、更に高い効果を得ることができます。

ザイザルの特徴は即効性と持続性

ザイザルは即効性と持続性に優れているのが特徴で、効果は服用から約1時間で現れ、その後24時間以上持続するとされています。
蕁麻疹の治療において行われた調査では服用後1時間程度経過すると症状が抑えられていることが確認できたことから1時間程度で効果が現れると考えられているということです。
蕁麻疹の治療の調査から、アレルギー性鼻炎においても同様の作用が期待できるため即効性があるものとして治療に用いられている薬です。

また、実際に症状が抑えられたというデータ以外にも薬の血中濃度のデータからも効果の即効性は証明されています。
ザイザルは服用から1時間程度で血中濃度が最高値になっています。このことからも即効性があると証明されているのです。

また、効果の持続時間についても調査で確認されています。
効果が現れるまでの時間の調査と同様、蕁麻疹に対する効果の持続時間を調査したものですが、ザイザルは服用から32時間経過しても症状が抑えられていることが確認できました。
また、血中濃度も24時間後にもザイザルの成分が残っていることが確認できているため効果の持続時間は24時間以上持続すると証明されています。
ただし、服用から7時間経過すると効果が徐々に減ってくるため、服用のタイミングは調整すると良いでしょう。

ザイザルはジルテックを改良された薬

看護師

ザイザルは1998年に発売されたジルテックを改良し、2010年に発売された薬です。
ジルテックの主成分はセチリジン塩酸塩であるのに対し、ザイザルの成分はレボセチリジン塩酸塩です。
名称が似ていますが、ジルテックとザイザルの関係が光学異性体であるためこのような名称になっています。
光学異性体とは立体的な成分の組成は同じであるものの、その構成が鏡像のように反対になっている化合物のことです。
ザイザルは、このような構造を利用しセチリジンから症状を抑制する作用のある部分や、眠気の作用が出にくい部分だけを取り出すことによって作られたレボセチリジン塩酸塩を作ることによってできた薬です。

レボセチリジンがセチリジンよりも効果の持続時間が長いため、1日1回の服用で効果が得られるとされています。
また、眠気の副作用が出るのは成分が脳へ作用してしまっていることが原因ですがレボセチリジンは脳への移行が少ないとされているため、ザイザルはジルテックよりも眠気が出にくくなっています。

ザイザルの服用上の注意

しかし、眠気が出にくいといっても体への作用の仕方は個人差が大きいため、運転や高所での作業など危険を伴うことをする場合の服用は慎重に行うようにしましょう。
ザイザルは効果が高いもののジルテックも服用する量によって、ほぼ同じ効果が期待できます。
ザイザルは成人の服用が1日1回5mgであるのに対し、ジルテックは1日1回10mg服用します。

価格はどれくらい?

効果についてはほぼ同じですが、アレルギーの場合、継続して飲まなければならないことが多いため、価格が気になるという方もいらっしゃるでしょう。
価格について比較すると、価格はジルテックの方が安価です。
ジルテックはジェネリック医薬品も出ているため、ジェネリックを選択すれば更に安価で治療を行うこともできます。

ザイザルは比較的新しい薬であるため開発までのコストなどを考えると価格が高くなってしまうのでしょう。
また、ジルテックは同様の成分の市販薬も販売されているため、病院に行く時間がない時にドラッグストアなどで気軽に購入することもできますが、ザイザルと同成分を含む市販薬は現在販売されていません。
そのため、ジルテックと同程度の効果で眠気が少ない抗ヒスタミン剤を使用したいという場合には病院へ行かなければならないことになります。

ザイザルは花粉症予防としても使える

スギ花粉

アレルギー性鼻炎に効果のあるザイザルですが、アレルギー性鼻炎には花粉症も含まれています。
アレルギー性鼻炎とは原因物質に反応することでアレルギー症状が起こるもので、花粉症は季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれるものです。
花粉が原因物質となっているため、原因物質がない時期は症状が起きないことから季節性と呼ばれますが、アレルギー性鼻炎には一年中症状のある通年性アレルギー性鼻炎鼻炎もあります。
通年性の場合は、原因物質がダニやハウスダストなどの家の中のちり、ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛、フケなどであるため一年中症状が出ることになります。

花粉症のアレルギー症状が出る仕組みは蕁麻疹などが出る仕組みと同様のものです。
花粉症はアレルギーの原因物質であるアレルゲンの花粉が体内に入ることでヒスタミンが分泌されることが原因となって起こります。

ヒスタミンが分泌されると体内ではH1受容体というヒスタミン受容体との結合が起きます。
この結合が起きてしまうとアレルギー症状としてくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの花粉症の諸症状が出ます。
しかしザイザルの成分レボセチリジンはヒスタミンがヒスタミン受容体と結合するよりも早くヒスタミン受容体と結合するため、ヒスタミンとの結合を抑制することによってアレルギー反応が起きるのを防いでくれるのです。

ザイザルを花粉症の治療で服用する場合は15歳以上は1回1錠レボセチリジンが5mg含まれているものを服用します。
効果によっては医師の判断で増減されることがありますが、1日の最高服用量はレボセチリジンが10mgとなる2錠です。
服用のタイミングは就寝前です。
近年は子供の花粉症も増えてきていますが、7歳以上15歳未満の小児が服用する場合はレボセチリジンを2.5mg含む1/2錠を1日2回に朝食後および就寝前に服用します。

花粉症の治療薬は効果が高いほど副作用として眠気が出やすいとされていますが、ザイザルは効果の高いジルテックと同様の効き目を持ちながらも眠気が出にくく服用しやすい薬です。
しかし、副作用の出方は体質により薬との相性もあるため副作用が強く出てしまい生活に支障をきたすようであれば医師に相談するなどしましょう。
また、ザイザルは花粉が飛散する前に服用すると予防効果が高いとされています。
毎年辛い花粉症に悩んでいるという方は、花粉が飛散する前に医師に相談してみてください。