• 花粉症で苦しむ女の子

花粉症治療にはアレグラがよく効きます

アレグラ

花粉症の治療薬の一つであるアレグラは、副作用が少なく効果が高いのが特徴です。
花粉症は季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれる、アレルギー性鼻炎の一種です。

アレルゲンとなる花粉が体内に入ることが原因となり発症します。
アレルゲンに反応した体はヒスタミンを分泌しますが、このヒスタミンが体内でヒスタミン受容体と結合すると、アレルギー反応としてアレルギー性鼻炎の症状であるくしゃみ、鼻水、目の痒みなどが出ます。
このような仕組みで起こる花粉症ですが、ヒスタミン受容体との結合を防ぐことによって症状を出さないようにするのがアレグラに含まれるフェキソフェナジン塩酸塩の効果です。
また、花粉症以外にもじんま疹や湿疹、アレルギー性皮膚炎の痒みなどを緩和する効果もあります。

花粉症や皮膚炎の薬として使われる抗ヒスタミン剤は、副作用として眠気や集中力の低下、口の渇きなどが出る薬が多いです。
そのため、花粉症の治療薬は眠気や集中力の低下が危険とされる車の運転や機械の操作、高所での作業を制限していることが多くあります。
アレグラもこの抗ヒスタミン剤に分類されますが、これらの副作用が弱いという報告があり、車の運転や危険を伴う機械の操作に制限がありません。
その副作用の少なさから危険を伴う業務を行うパイロットも服用して良いとされています。

このように副作用が少ないというメリットがありますが、デメリットもあります。
それは花粉症の薬の中では効果が弱いということです。
症状が強く出る人の場合、薬が効かない可能性もあります。
アレグラの効果を十分に得るためには、花粉の飛散が始まる1週間前くらいから服用を開始すると良いとされています。
この時期に服用することで、主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩がヒスタミンの放出を防ぐためアレルギー反応が出にくくなるのです。

アレグラは第一類医薬品に分類される要指導医薬品であり、市販薬や処方薬、ジェネリック医薬品があります。
どれを服用する場合にも医師や薬剤師の指示を守って服用するようにしましょう。

アレグラを服用すると太るって本当ですか?

アレグラは眠気や集中力の低下などの抗ヒスタミン剤に多い副作用が少ないとされていますが、服用を続けていると太るという報告があります。
これは、アレグラを服用していると食欲が増進することがあるのが原因です。
アレグラを飲み続けているとグレリンというホルモンの分泌が促進されます。

グレリンは「接触促進ペプチドホルモン」というもので、アレグラの服用によって満腹中枢への刺激がなくなると分泌されるようになります。
これによって食べる量が増えてしまうことが、体重を増やしてしまう原因です。

また、グレリンは体脂肪の燃焼を抑制する副作用もあるとされています。
体脂肪の蓄積も体重増加の原因となるため、アレグラを服用することで太ってしまう人がいます。
このような報告があるものの、アレグラの添付説明書に体重増加の記載はありません。
記載がないということは、発生する可能性は非常に低いと考えて良いでしょう。

しかし、花粉症以外の症状のために長期間服用を続けている場合などは状況が変わることもありますし、体質によってはこの症状が出てしまう可能性もあります。
もし、アレグラを服用していて大幅な体重増加をして太るということがあった場合は、日々の生活を見直しつつ医師に相談するようにしましょう。

また、アレグラも薬である以上、体重増加以外にも副作用が全くないわけではありません。
報告されている副作用は軽い頭痛、眠気、だるさ、めまい、吐き気、口の渇き、腹痛、発疹、肝機能値の異常などです。
これらは出ても軽い症状で済むことが多いですが、体質によっては稀にアナフィラキシーショックなど重篤な症状が出てしまう可能性もあります。
服用する際は太る可能性やこれらの副作用を理解した上で使用するようにしましょう。