• 花粉症で苦しむ女の子

アレルギー疾患にはジルテックで改善

ジルテックは、花粉症などのアレルギー疾患で起こるつらい症状を緩和に導く抗ヒスタミン薬と呼ばれる種類の薬です。
有効成分セチリジン塩酸塩の作用で花粉などのアレルゲンの影響で放出されるヒスタミンが受容体と結合して症状を起こすのをブロックします。
ジルテックは従来の抗ヒスタミン薬で生じやすかった眠気や口の渇きなどの副作用が少ないというメリットがあります。
速効性がある上1日1回の服用で24時間アレルギーを抑える効果が続くことでも重宝されている薬です。

ジルテックが従来の抗ヒスタミン薬で最も厄介とされていた服用後に眠くなる副作用が少ないとされているのは、眠気が出ることが多かった第1世代抗ヒスタミン薬と呼ばれる従来タイプの問題点を改善して生み出された第2世代抗ヒスタミン薬に属しているからです。
眠気を抑えてヒスタミンに集中的に作用する第2世代抗ヒスタミン薬ジルテックは、アレルギー症状を起こす別の物質であるロイコトリエンやプロスタグランジンD2などの分泌を抑制する効能も持っています。

ジルテックの有効成分セチリジン塩酸塩は抗好酸球作用によって白血球の一つ好酸球の浸潤を抑制する効能も備えています。
アレルゲンを攻撃する好酸球に影響されて鼻粘膜など周囲の組織が傷ついて起こる症状を防ぐことにも役立ちます。
さらにジルテックはヒスタミン受容体への選択性が高いという特徴を持つことでアセチルコリン受容体を阻害しにくく、抗コリン作用を抑えている利点もあります。
第1世代抗ヒスタミン薬で多かった口の渇きや排尿障害といった副作用を低減させることを実現しました。

第1世代抗ヒスタミン薬で目立っていた眠気や口の渇きなどの副作用を改善して登場した第2世代抗ヒスタミン薬のジルテックはアレルギー疾患に悩む多くの人に処方され症状改善に導きます。
また、有効成分セチリジン塩酸塩が使われているジェネリック医薬品や市販薬も登場しています。
眠気の副作用が完全に出ない訳ではないため服用にあたっていくつかの注意点がありますが、安心して服用できてアレルギー症状が効果的に抑えられることから人気が高い薬です。

ジルテックの副作用と注意点について

服用後の眠気という副作用がネックとなっていた第1世代抗ヒスタミン薬の問題点を改良して誕生した第2世代抗ヒスタミン薬に属するジルテック。
抗コリン作用など他の副作用も生じにくい上、速効性もあることからアレルギー疾患のつらい症状を素早くしっかりと改善します。
また、1日1回飲めば24時間効果が続くなどメリットの多い薬として知られています。
ジルテックの有効成分セチリジン塩酸塩の名称を持つジェネリック医薬品や市販薬も登場しており、アレルギー症状に悩む多くの患者から頼りにされている薬です。

眠気をはじめ第1世代抗ヒスタミン薬で指摘されていた副作用が低減されているジルテックです。
眠くなりにくいとされているものの、まったく眠気が出ない訳ではなく、眠気とまでは行かなくても集中力の低下などが起こる心配もあるため、服用後すぐに車を運転したり高所での作業など危険を伴う作業を行わないなどの注意点を厳守することが肝心です。
特に初めての服用する際は身体が薬効成分に慣れないことで副作用が生じやすくなるとされ、体調全般に注意を払う必要があります。

ジルテックには2歳以上から服用できるドライシロップがあるなど、多くの人が安心して服用できる薬ですが、重度の腎障害がある人には向かないとされています。
薬効成分の血中濃度が上がり過ぎることで副作用が生じやすくなるため、他の抗ヒスタミン薬を選択したほうが安心とされています。

抗アレルギー薬でありながら成分のセチリジン塩酸塩にアレルギー反応が出てしまうケースも稀にあると言われ、その場合もジルテック以外の薬を選択する必要があります。
高齢の人や肝臓病に罹患している人、てんかんがある人も服用には注意が必要で、何らかの持病がある人は処方されている薬との飲み合わせを主治医や薬剤師に確認しておくことも大切です。